※お知らせ※

「ホラー映画って呪怨が怖いの?」はこのたびリニューアルいたしました。

その名も「ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング」です。

こちらのブログは更新停止となります。よろしくお願いします。

ジョーズ・アタック2って怖いの?

ホラー映画洋画

ホラー映画初心者のすけきよです。ジョーズのバッタモンとして数多くある作品のうちの1つ「ジョーズ・アタック2(死神ジョーズ 戦慄の血しぶき)」見ました。

ジョーズ・アタック2
DMMでレンタルする


あらすじ:正体不明の怪物による犠牲者が続発する海岸。海洋学者が調査を始めるが何者かが邪魔をする。実は怪物の正体は、海洋資源を独占しようと企む者たちがバイオ・テクノロジーによって作りだされたサメの顎と蛸の触手とイルカの頭脳を持つ新種の生物だった…。



なんだこれ…

前作はどこいったのか知らないが、2しかレンタルしていないので借りましたがここまでハチャメチャだとは。大笑いです!しかもこのあらすじ思いっきりネタバレしてるじゃないですか!こっちはジョーズの正体がなんなのか散々引っ張られてイライラしながら見てたのにここに思いっきりネタバレしてるなんてDMMってなんて大胆なんでしょう!

一応ジョーズのように海洋パニックっぽいんですがやはりレベルが雲泥の差です。まず訳のわからんストーリー展開、魅力の無いお姉ちゃんと猿芝居。チープなモンスター。これだけ揃えば面白い訳がありません(笑)

オープニングは魚の餌付けシーンから始まります。キレイな海で優雅に餌付け。ここでジョーズがガバッと襲ってきて血のオープニングかと思ったら普通にシーンが変わります。このシーンはいったいなんだったんでしょう。

そしてヘリで海上に浮かぶ死体を回収にいくシーンになり、遺体を回収すると足が食いちぎられてありません。このシーンはとても特殊メイクに見えず本当に無いようにしか見えませんでしたが、実際本当に無かったんじゃないでしょうか?アメリカでは本当に手足が無い人が俳優として出ることがあるらしいのです。「プライベート・ライアン」でも最初の戦闘シーンでも足の無い人が負傷兵をやったらしいので可能性はあるんじゃないでしょうか?てかこの程度の作品でそこまで力入れなくてもって思います。

変な所に力入れてるくせに肝心の部分はヒドイ手抜きです。最初のジョーズとの遭遇シーン。

魚群探知機に大きな影が映って「なんだこれは」と大騒ぎする男。船が揺れだし釣竿が落ち缶ビールが倒れ船中大騒ぎ!揺れが収まって船内が凄いことになってるだろうと思ったらなんと男は普通にイスに座りすました顔で危なかったと一言。あの揺れはいったい何?編集ミス?って思うくらいの不自然さ。

ジョーズに襲われ片腕を喰われた瀕死状態の漁師。数日間意識が戻らず予断を許さない状態が続いているのだが、刑事が様子を見に来た途端発作で死に掛けます。そして2回目の発作でいきなり電気ショック!心臓マッサージも無くアドレナリンを注射する前に電気ショックです。しかも10回以上無造作に連射です。そして「ご臨終です」と一言。すると刑事が「死因は恐怖だな」って絶対違うだろ!

死因は電気ショックだよ!

ヒロイン役の女優も微妙なかわいさと微乳。この手の作品では無駄な色気と無駄な巨乳が必須条件だと思うんですがそれも満足にクリアしていないです。他の女優陣も正直微妙です。主人公も微妙。せめてストーリーくらいしっかりして欲しかったですが、それも無理でした。

ジョーズを捕まえる罠を仕掛けに行ったときセンサーの調子が悪いとボートで調査に二人で行くんですが、本船に残してきた仲間が組織の殺し屋に殺されます。その間二人は海辺で抱き合い熱いキス。本船に帰ってら殺し屋に襲われて闘っているとジョーズが現われてうまく殺し屋だけに腕を巻きつけてさらっていきます。船に戻って死体を発見し愕然とする二人。乳くりあっている間に殺されてしまったので反省しているかと思ったら怒りの矛先がなぜかジョーズの方へ。なんで殺し屋から救ってくれたジョーズを怨んで仲間を殺した組織の正体を暴こうとしないのか?

この時点までに殺し屋は何人か殺しているんですが誰に雇われてなんの目的で調査を邪魔するのか全くわかりません。そして組織の全貌を暴こうとする動きも謎にもふれません。そうそう、最初主人公が調査に必要な機械をヒロインに要求されて作るんですがそれを壊しに殺し屋3人がやってきて機械をぶっ壊します。そのとき物音に気が付いた主人公が殺し屋2人と戦います。真正面から堂々と殴り合いあと一歩というところでボス格の奴に後ろから殴られて気絶します。駆け寄ってきた恋人が「大丈夫?犯人の顔は見たの?」と聞くと「いや、後ろからやられたから見てない…」って他の2人の顔はバッチリ見ただろ!目つぶって格闘してたんかい!って思わずツッコミいれてしまいました(笑)

こんな盛り上がりの欠けたままいよいよ大詰めのラストシーンがやってきます。ちょっとした細胞片からでも異常な分裂力で12時間で成体まで成長することが分かったジョーズを倒す方法は燃やすしかないということで浅瀬におびき寄せてガソリンと火炎放射器で燃やす作戦を実行します。時間が無いから急げと言われて慌てて準備をして作戦を実行します。

モーターボートにスピーカーを付けて鳴き声を流しながら浅瀬におびき寄せるんですが、確か300ノット魚雷と同じ速度で泳ぐのにたかだか20ノットくらいのボートになかなか追いつきません。やっと浅瀬近くで追いつかれそうになってボートから飛び降りて泳いでいるところをヘリに助けられセーフって感じになり盛り上がってきたところでシーンは突然夜になります。

「は?なんか見逃した?」と思い巻き戻しましたがやっぱりヘリで助けられたあとはいきなり夜でした。あれだけ時間が無いって言っておいていきなり夜ってなんなんでしょう?ですがその後のシーンを見て夜にした理由が分かりました。ジョーズがあまりにも作り物で明るいところでの撮影に耐えられないからでしょう。だって夜のシーンでも露骨に作り物だってわかるくらいですから(笑)

そして暗闇の中、何人もの作戦部隊が無駄にえじきになる中やっと倒す気になったらしく火炎放射器部隊が向かい海面にガソリン撒き散らして火炎放射で丸焼きです。「水に潜れば逃げられるじゃん!」っていうツッコミなしないでください。ボクも喉まで出掛かってましたがそれをやると解決しないので我慢しました(笑)

あっ、いままでジョーズと書きましたが本当はジョーズじゃなくて未知のモンスターです。あらすじにあるとおりサメにタコの腕を付けた感じで全体像は一回も映りませんでした。てか予算が無くて作ってないんでしょうけど。

これは見るだけ時間の無駄ですね。もっと面白い作品がイッパイあるのでそっちを見ましょう!

[PR]ゾンビ屋れい子安いDMM月額レンタルホラーDVD-BOX激安:TENGAが4本セットで3420円

ちゃんとしたホラーレビューが読みたい人は人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へで読めるよ(笑)
関連記事一覧
この記事へのコメント
すけきよさん、こんにちは。
お久しぶりです!
これまた微妙な映画のようですね(笑)
私、B級鮫モノが好きなんで、ちょっと気になりました(;^^A
この手の映画って、だいたい失敗しちゃうんですけど、なぜか観てしまうんですよねぇ。
Posted by チャラノリ at 2008年09月12日 14:24
チャラノリさん>お久しぶりです。
これはB級と言えるかどうかも微妙です。Z級かもしれませんよ(笑)

しかもサメに余計な要素を入れてしまったので余計微妙です。失敗わかっていて見るならオススメです(笑)
Posted by すけきよ at 2008年09月14日 01:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。