※お知らせ※

「ホラー映画って呪怨が怖いの?」はこのたびリニューアルいたしました。

その名も「ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング」です。

こちらのブログは更新停止となります。よろしくお願いします。

the EYE3【アイ3】って怖いの?

ホラー映画洋画

ホラー映画初心者のすけきよです。EYE3部作の最終作品「THE EYE3」見ました。


DMMでレンタルする


あらすじ:アジアの若手スターが総出演する、人気ホラー映画第3弾!
タイにやってきた4人の香港の若者たち。彼らは好奇心からタイに伝わる「幽霊を見る10の方法」を試し、幽霊を見ようとするが、グループの1人が冥界へ引き込まれ行方不明となってしまう。残された者たちは、行方不明になった仲間を救い出そうといろいろな方法を試すが成功せず、最後の手段として、死者を装って冥界へ行き、仲間を連れて帰ろうとする。「世界で一番怖いホラー」、戦慄のシリーズ最終章!




世界で一番怖いホラーの最終作はなんとホラーコメディ!このパターン「死霊のはらわた」と同じパターンですね。1作目がホラーで2作目が微妙、そして3作目がコメディと完全にパクリです(笑)2作目で評判が悪いと心が折れてコメディ路線に逃げてしまうんでしょうか?でもぶっちぎったコメディではないのであまり笑えませんが。

幽霊を見る方法として一応1と2の事に触れますが、1も2も霊に遭いたくてやった事ではないので説得力に乏しいです。なんで死人の角膜を移植するとか妊婦が自殺未遂するとかヘビーなやり方と一緒にコックリさんとか目に泥を塗るとか簡単に出来るレベルに下がってしまうんでしょうか?

十字路で茶碗叩くとか黒猫抱いてかくれんぼとか股の間から覗くとか簡単に出来すぎませんか?まぁ、コメディだからこのくらいライトじゃないと笑えないんですけど。

映画のオープニングから前2作とは雰囲気が全く違います。舌がベローンと長くなる女の人から始まり、クレジットがなんか青春映画っぽいポップな色使いでこれは怖くないなと予感してしまうくらい全く違う雰囲気のオープニングです。

始まってすぐ現われる男3人女2人。パッと見てエイプリルという女の子がカワイイ!過去3作品の中で一番カワイイのではないでしょうか?1作目の本庄まなみはイマイチ、2作目のスー・チーも可愛かったけどエイプリルはぶっち切りでカワイイです。このカワイイ子が主役かと思ったらもう一人のブサイクな方が主役でした。

この時点でコメディだなって確信しました(笑)

いたるところに小ネタがちりばめられています。これが結構微妙です。幽霊を見る10の方法が書かれた本が実はボられていたとか周りのみんなが霊が見えて大騒ぎしているのに一人だけ蚊帳の外とか。ですが自ら1作目のパロディを入れるとは思いませんでした。1作目と同じようなエレベーターのシーンから部屋間違いそして通知表を探す子供と同じパターンで来ておいて実は違うというオチでしたがあまり笑えませんでした。そして意味不明のダンスシーンも微妙です。

霊に気絶させられそうになってヨロヨロよろけているのがダンスっぽく見えてそれを偶然通りかかったダンサーがバトルを挑んでくるというよくわからないシーンでした。まず、霊に支配されているのかされそうになっている所を抵抗しているからヨロヨロなのかわかりません。気絶しそうなのを耐えているだけなら壁や天井を歩くのは変ですし、霊の影響を受けているのであればあんなに長く踊っていること自体意味不明です。結局天井歩いたところでみんな怖がって逃げてから普通に正気に戻りました。そしてブサイクな主人公の部屋に飛び込んで行きました。そういえば、マンションの他の住人は音楽につられて廊下に出てきたのですがこのブサイクはなぜ出てこなかったのでしょう?

そして2人はタイに戻り死んで冥界から行方不明の友人を連れ戻そうとします。この辺は「フラットライナーズ」に近い設定でしょうか。ですが死者のフリをするために死者の衣装を着て行ったのに最初からバレバレです。全員にばれて死者がワラワラと寄ってくる始末。武器もなく冥界の知識もない2人がどう対処するのかと思ったらなんと息を吐きました。

「死者は生者の息が嫌い」そうなんですか?仕舞いにはおならしたら霊がダウンしました。まぁ、おならは霊でなくてもダウンするかもしれませんが(笑)

行方不明の友人を見つけ帰ろうとした時、なぜかカワイイエイプリルちゃんが現われました。どうやって来たのかと思えば彼氏に遭いたくてリストカットしたようです。なんと健気なんでしょうか。そこまでして遭いにきたエイプリルちゃんに行方不明だった彼氏は当然冥界に残ります。そりゃそうですよねぇ。ここで帰ったら鬼ですよ。

友人二人を残して冥界から帰ってきたブサイクと彼氏でしたがココでスゴイオチが待ってました。どうなったかってそれは言えませんが(笑)なんと元も子もないオチです。「一度始めたら途中で止められない」ってこういうことだったんでしょうか?1作目も何も解決してませんでしたが、この3作目もなにも解決しませんでした。ホラーコメディって大体笑えるオチが多いんですがこれはちょっと笑えませんでした。

あのおっさんはなんの目的であんなことしてるんでしょうか?結局あのおっさんも何者なのかわからないままでしたね。

[PR]ゾンビ屋れい子安いDMM月額レンタルホラーDVD-BOX激安:TENGAが4本セットで3420円

ちゃんとしたホラーレビューが読みたい人は人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へで読めるよ(笑)
関連記事一覧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106518172

この記事へのトラックバック

the EYE 3
Excerpt: ■ WOWOWにて鑑賞the EYE 3/見鬼10 2005年/香港、タイ/85分 監督: ダニー・パン/オキサイド・パン 出演: チェン・ボーリン/イザベラ・リョ...
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2008-09-14 03:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。