※お知らせ※

「ホラー映画って呪怨が怖いの?」はこのたびリニューアルいたしました。

その名も「ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング」です。

こちらのブログは更新停止となります。よろしくお願いします。

ホステルって怖いの?

ホラー映画洋画

ホラー映画初心者のすけきよです。オタク監督タランティーノが関わったのに賛否両論だった問題作「ホステル」見ました。


DMMでレンタルする

あらすじ:鬼才Q・タランティーノが放つ究極のサディスティック・スリラー
刺激を求めバックパッカーをしながらヨーロッパ各地の快楽街に入り浸る旅を続けている3人は、東欧の田舎町にある“ホステル”には男達が求める快楽がすべて手に入るという噂を耳にする。期待を胸に噂の“ホステル”へ向かった彼らは、そこで夢のような日々に溺れる。驚愕の事実と想像を絶する恐怖が待ち受けているとも知らずに…。



これは賛否両論になりますね。前半がエロ、中盤がグロ、後半がアクションって感じなんですが、前半のエロがもうオッパイ!オッパイ!オッパイ!でオッパイばかりで大してエロくない(笑)無修正版って書いてあったので当然エロで無修正なのかと思っていたら全然大したことありませんでした。最後まで見て思ったんですがどこに修正するような部分があったんでしょうか?わかりませんでした。

前半のアホなバックパッカーのノーテンキぶりは笑えますね。女と麻薬で酒池肉林。まさにSEX!ドラッグ!!ロックンロール!!!って感じです。あっ、本当はロックンロールはありませんが(笑)

前半30分はずっとこんな調子で「たのしそーねぇ」ってしか思いませんでした。女を求めて旅するなんて普通なんでしょうか?しかもいい女のためにワザワザ国境を越えるなんてなんでバイタリティでしょう。アジアの売春ツアーに参加するエロ社長ってこんな感じなんでしょうか?この行動力ボクも見習いたいと思います(笑)

このエロ3人組がスロバキアについてから物語が動き始めます。途中から知り合ったオーリーが行方不明になるんですがあまり真剣に探そうとしません。女と勝手に消えた。所詮そういう奴さって感じで自分達は懲りずに女探しをしようとします。この辺がアホですね。下半身は別人格ってことでしょうか?でも男ってみんなこんなもんでしょ(笑)

そういえば劇場公開した時に「嘔吐返金キャンペーン」みたいのがあって上映45分までに退場した人は返金しますってやってたんですが、45分までに退場するようなシーンなんてありませんでしたよ?ずっとオッパイ!オッパイ!オッパイ!で退場なんてする訳無いんだから。そう考えると良く出来てますね。

そしていよいよ見せ場の拷問シーですがこれも「SAW」のようにハッキリとは見せず想像させるっていうカット割になってます。日本人の女の子の足の指を切る時もニッパーで挟んでおいて切る瞬間に足の爪を切るシーンに切り替えるっていう感じで直接は見せない演出です。

売りがこの程度だったらこの作品の価値は?って聞いて見たくなるような物足りなさです。まぁ、「SAW」を先に見てしまったのでグロに慣れてしまったということもあるんでしょうが。それにしても売り込みでいいだけ煽ったために期待が膨らみすぎたっていうことはあるかもしれません。

主人公が施設から脱出するあたりからアクションっぽくなってきます。てかあのドイツ人のおっさんには笑いました。ドイツ語で命乞いされた途端に慌ててしまうという気の弱さ。まさに金持ちの道楽って感じで金が余ってるからちょっと体験みたいな感じがアリアリと出てました。そして指を切り落としておいてその落ちた指に足を滑らせて自分の足を切断。「悪魔のいけにえ」のオマージュでありながら「悪魔のいけにえ」より傷が深いというなんとも言えないシーンでした。こんなこと言うと興醒めかもしれませんが、チェーンソーって手を離すと止まるんですよね。手放しでフルアクセルで回り続けるなんてありえないんです。手を離したら止まるようにしておかないとそれこそこのおっさんみたいに怪我してしまいますから(笑)

処理される死体にまぎれて会員のロッカーに紛れ込んだ主人公はロッカーから服をパクッて着替えて脱出しようとしますが会員の一人に話しかけられます。「じっくり殺すのと素早く殺すのどっちがいい?」なんてどうでもいい話をふられて「素早く」なんて答えますが「ダメだ、早いのはアメリカ的だ」なんて言って結局じっくり殺すことにします。最初から決めてるなら人に聞くなよって感じですが。ところでアメリカ人は2万5000ドルが相場で一番高いらしいですが、ここで話したおっさんは日本人女性を5万ドル出して買ったって言ってたんですが、日本人の方が高いんでしょうか?

そしてやっとのことで逃げ出したのにそこで聞こえてきた女性の悲鳴。「やめてくだちゃ〜い、たちゅけてくだちゃ〜い」

大爆笑です!

この緊迫したシーンであのカタコトの日本語はダメですね。興醒めです。この日本人観光客は「イエローキャブ」って設定だったんでしょうけどあまり英語が話せない設定だったのであればちゃんと日本人を使って欲しかったですね。あの発音は日本人には辛いです。この作品はいたるところに英語以外で話すシーンがあるんですが、その国の人から見たら同じ感想を持つのかもしれませんね。あのドイツ語での命乞いも思いっ切りカタコトなのかもしれません。それにしてもあれはヒドイです。タラも日本びいきって自負してるならちゃんと日本人使えよ!

そんなこんなで無事脱出して終わりかと思ったら変態外科オヤジが同じ列車に乗ってました。ここでアメリカ人特有の完全復讐劇の始まりです。友人を殺したこのおっさんを見逃す訳がなく後をつけてトイレで復讐です。このトイレでおっさんの指を切るシーンが一番痛そうでした。無事脱出した主人公ですがお金も切符もパスポートも無いのにどうするんでしょうか?無事帰国できたのか心配ですが「ホステル2」でも出てくるらしいので無事帰国できたんでしょう。

ところで「スマステーション」の映画コーナーで某アイドルが「こんな映画を良いと思って観る人は人間としておかしい」と言っていたらしいですが、映画にも個人的な趣味があるので作品の批判はいいとしてもそれを観ている人間を批判するのはどうかと思いますね。ボクから見れば彼のいいって言っているようなラブストーリーに興味は全くありません。見る気もありません。でもラブストーリー作品のファンを批判したことはありませんよ。

彼から見るとボクは「おかしい人間」なんでしょうが社会常識は彼よりあるつもりですよ。

だってボクは駐禁切られても逃げませんから

[PR]ゾンビ屋れい子安いDMM月額レンタルホラーDVD-BOX激安:TENGAが4本セットで3420円

ちゃんとしたホラーレビューが読みたい人は人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へで読めるよ(笑)
関連記事一覧
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
こちらのTBは反映されないようなので、
こちらに残します。

意外と残虐シーンは少な目の印象でした。

http://cinechan.at.webry.info/200611/article_16.html
Posted by CINECHAN at 2008年09月21日 02:22
CINECHANさん>コメントありがとうございます。

TB反映されませんか?申し訳ありません。ですがこうしてコメントとして残してもらえるとうれしいのでよろしくお願いします。
Posted by すけきよ at 2008年09月25日 17:55
すけきよさん、こんばんは☆
日本人だけでなく、旅の恥は掻き捨てをホドホドにってことなんでしょうねぇ。
後半はとっても盛り上がりましたです。
私も、「おかしい人間」ですもん♪
でも、路駐もトンズラもしませ〜〜ん。
(常識ですよぉ)

Posted by Lance at 2008年09月28日 22:32
Lanceさん>こんばんは。

後半は盛り上がりましたけど前半の中途半端なエロがちょっと長すぎましたね。

路駐するような奴におかしいなんて言われたくないですよね。そういえば彼がan・anの好きな男ランキングでSMAPの中で唯一トップ10の中に入れなかったのはホラーファンの呪いでしょうね(笑)そんな気がします。
Posted by すけきよ at 2008年09月30日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ホステル
Excerpt:  コチラの「ホステル」は、クエンティン・タランティーノ製作総指揮のR-18指定のスプラッター・ホラーです。続編も製作されたヒット作で、エログロな王道的B級ホラーって感じでしょうか。  基本的には..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-09-20 13:40

冷血の宿
Excerpt: 「カポーティ」 「ホステル」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2008-09-20 15:53

「ホステル」
Excerpt: ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ エロい事したくて旅してるバカな若者が酷い目にあっちゃう。 王道のパターンなんですが、見た直後の感想は よくあるそれらのB級映画とは違う印象。 格調高いって言ったら言い過ぎか..
Weblog: NOHOHONブログ
Tracked: 2008-09-20 20:12

「ホステル」
Excerpt: 「ホステル2」が8日から公開ということで、ちょっと気になっていた前作を観てみた。 クエンティン・タランティーノが製作総指揮を担当。 ...
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2008-09-20 22:24

ホステル
Excerpt: オフィシャルサイト 2005 アメリカ 監督:イーラー・ロス 出演:クエンティン・タランティーノ/ジェイ・ヘルナンデス/ デレク・リチャードソン/エイゾール・グジョンソン ストーリー:刺激..
Weblog: SSKS*
Tracked: 2008-09-20 23:17

ホステル
Excerpt: 各地の快楽街を回る旅をしている3人組。彼らは旅の途中で「戦争に男が駆り出され女だらけになった街がある。そこに行けば欲しいだけ女が手に入る」という話を耳にし早速その街に向かう。到着した3人は女達と..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2008-09-21 07:11

ホステル
Excerpt: 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 93分 監督 イーライ・ロス 製作総指揮 クエンティン・タランティーノ 、スコット・スピーゲル 脚本 イーライ・ロス 音楽 ..
Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
Tracked: 2008-09-21 08:34

ホステル
Excerpt: ■ シアターN渋谷にて鑑賞ホステル/HOSTEL 2005年/アメリカ/93分 監督: イーライ・ロス 出演: ジェイ・ヘルナンデス/デレク・リチャード...
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2008-09-21 10:48

『ホステル』 8P
Excerpt: 私的オススメ度:8P以前から見たいと思っていた『ホステル』。DVDを購入したものの、1人で見て怖くていても立ってもいられなくなったらどうしよう・・という不安のため2ヶ月ほど放置していた映画。【STOR..
Weblog: OL映画でいやし生活
Tracked: 2008-09-21 21:47

ホステル:殺人ショーへようこそ シアターN渋谷
Excerpt: ホラーだって言うから見に行ったのに・・・ タイトル:ホステル 監督・脚本:イーライ・ロス 出演:ジェイ・ヘルナンデス/デレク・リチャードソン/エイゾール・グジョンソン/バルバラ・ネデルヤコーヴァ..
Weblog: 気ままに映画日記☆
Tracked: 2008-09-21 23:30

ホステル
Excerpt: HOSTEL 2005年:アメリカ 監督:イーラス・ロス 出演:ジェイ・ヘルナンデス、エイゾール・グジョンソン、デレク・リチャードソン、バルバラ・ネデルヤコーヴァ、リック・ホフマン 淫..
Weblog: mama
Tracked: 2008-09-23 10:43

ホステル
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  ルームサービスはオッパイ、SEX、拷問  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2008-09-23 20:52

ホステル 60点(100点満点中)
Excerpt: ゆきずりの女と寝たよ! 公式サイト 旅行者が異郷で恐い目に遭う、典型的ホラー映画のパターンに分類される、"クエンティン・タランティーノ製作総指揮"を謳い文句とした米映画。監督は、サイコ・スプラ..
Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
Tracked: 2008-09-26 10:37

「ホステル」
Excerpt: とりあえずはホラーです。グロです。後半は血みどろです。眼球もポロリとします。 性欲を満たすため、3人の若者たちがヨーロッパを旅するお話。 まさに、快楽のあとの地獄! 製作総指揮にクエンテ..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2008-09-26 11:49

ホステル
Excerpt: 2005年 米 監督 イーライ・ロス  製作総指揮 クエンティン・タランティーノ 出演 ジェイ・ヘルナンデス/ デレク・リチャードソン/ エイゾール・グジョンソン他 ヨーロッパへナンパな旅行に行..
Weblog: オタク部屋
Tracked: 2008-09-28 22:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。