※お知らせ※

「ホラー映画って呪怨が怖いの?」はこのたびリニューアルいたしました。

その名も「ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング」です。

こちらのブログは更新停止となります。よろしくお願いします。

ヴィレッジって怖いの?

サスペンス洋画

ホラー映画初心者のすけきよです。シャマラン監督の作品「ヴィレッジ」見ました。


DMMでレンタルする

あらすじ:1897年、ペンシルヴァニア州。深い森に囲まれた人口60人ほどのこの小さな村で、人々は自給自足の生活を営んでいる。だがこの共同体を守るために、村人は不可解な掟を義務付けられていた。しかし鍛冶職人のルシアスは、閉鎖的な村の生活に飽き足らず、外の世界への好奇心を日々募らせていた・・・。



どんでん返しが期待されるシャマラン監督の作品ですが、今回はどんでん返しがありません。逆に言えばどんでん返しが無いどんでん返しとも言えますが(笑)そういう意味では期待を裏切らないでしょう(笑)

キャストが結構豪華です。ホアキン・フェニックス、ブライス・ダラス・ハワード、エイドリアン・ブロディ、シガニーウィーバー、ウィリアム・ハートと主要キャストの中にアカデミー賞受賞者が2人、ゴールデングローブ賞が2人います

豪華キャストを使ったからではないでしょうが、ボク的には結構面白かったです。1回見ただけでは理解できませんでしたが2回見ると全体像が見えてきました。

ネタバレ的解説はあとで書くとしまして一つ疑問に思ったことを書きます。それはアイヴィーが監視員のケヴィンと会った時、ケヴィンが左側をチラチラ見ながら車に戻ってくださいと言います。画面には映っていませんが明らかにアイヴィーの横に車が止まっていて人がいるってことです。

ケヴィンが車から降りたときにドアに足が反射して映っているのでこれは間違いないですが、それが誰なのかわかりません。足を見る限り男なんですが、ヴィレッジから車で見守りにきた男は誰なんでしょうか?ここが一番の疑問です。

誰か謎を解明した人はいないんでしょうか?そのうちコメンタリー付きのデラックス版が出るのかな?
ネタバレ解説です。読みたい人は反転させて読んでください。

そもそもヴィレッジとはアイヴィーのお爺さんの遺産で作った野生生物保護区の中にある隔離された施設であることはわかったと思います。監視員のケヴィンの上司ジェイが言っている通り飛行禁止区域にして空からも見つからないようにする徹底ぶりです。ジェイは中に何があるか知っているような口ぶりでした。まぁ、ジェイは"彼"なので知ってて当たり前ですが(笑)

最初に葬式のシーンが映り墓石に1897年と書いてありますが、これはヴィレッジだけで通用する年号ですね。実際は現代の話です。時代背景が解っていないとか抗生物質は1897年には無いとか言っている人もいましたが、その人は映画を理解出来ていないようですね(笑)

なぜ1897年にしたかというと観客に違和感を与えないためです。本当は2006年でもいいんですが2006年に旧世代の服を着て電気も無い生活をしていたらこの村がおかしいとすぐわかってしまいますからそれこそ駄作になってしまいます。現代にこの村が存在しそうな可能性を考えたための設定でしょう。

問題児ノアは"語ってはならぬ物"の正体を知っていたわけですが、ノアが扮装していた時と長老達の誰かが扮装していた時の2種類あるので最初は本当に実在するんじゃないかと思ってしまいました。実際は家畜を殺していたのはノアで村に堂々と乗り込んできたのは長老達の扮装です。

あとどう見ても目が見えないようには見えなかったアイヴィーが森でノアに襲われるシーンですが、アイヴィーは目が見えないのだから"語ってはならぬ物"が目の前に現われても姿に驚く訳がなく中身がノアだってすぐに気が付くはずなんですが・・・。もっと深読みすれば人の色が見えるということなのでノアが来たと感じたアイヴィーはルシアスの敵を取るために知ってて殺したと考えることもできます。そういえばアイヴィーはルシアスの色を言いませんでしたが多分「赤」でしょう。完全なボクの憶測でしかないですが(笑)

あともう一つ、なぜ町にアイヴィーだけを行かせたのか。

護衛の男二人(途中でいなくなりましたが)が森の途中まで送り小道に出たら男二人はその場で待機っていう段取りになってました。アイヴィーの父は「愛は全てを可能にする」と言っていたがそれは建前で本音は現代文明を見ることができないからでしょう。現に車のエンジン音も解らなかったわけですし、車を見ることもできない。ケヴィンの顔も服装も見ることはできないわけですから自分達がおかしいことに気が付かないんです。ルシアスの命とアイヴィーの愛と村の存続を全て残すための最善策だったんですね。

なんて計算高いオヤジ!!


そういえば、シャマラン映画名物の監督登場シーンはわかりましたか?後ろ姿とガラスの反射で出演してますよ。

[PR]ゾンビ屋れい子安いDMM月額レンタルホラーDVD-BOX激安:TENGAが4本セットで3420円

ちゃんとしたホラーレビューが読みたい人は人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へで読めるよ(笑)
関連記事一覧
この記事へのコメント
こんにちは。
TBありがとうございました。
「ヴィレッジ」面白かったですよね。
レビューを見ると、全然面白くなかったと言っている方も居るようですが、わたくし、とても楽しめました。
ルシアスの色は赤だったんでしょうか。
最後まで何色か?の説明はなかったですが、わたくしも赤かなと思ってました。
では、また〜
Posted by 小六 at 2006年12月18日 13:42
小六さん>ヴィレッジはよく見ると結構作りこまれていて面白かったと思います。

小六さんも赤だと思いましたか?同じ考えの方がいて嬉しいです(笑)
Posted by すけきよ at 2006年12月20日 13:33
こんばんはー♪
キャッシュをクリアするのを忘れていたので、メンテ長引いているんだなぁ・・・なんてトボけたことをしておりました(^o^;

あまりじっくり見ていなかったんですけど、こうして記事を拝見すると結構作りこまれていたんですねぇ・・・。
あ、ルシアスは、私も赤かなーと思いました。
内なる情熱がそういうイメージだったからかな?
Posted by chibisaru at 2006年12月21日 01:19
chibisaruさん>seesaaもメンテが終わったのでキャッシュをクリアしてくださいくらいの注意書きしてほしいですね。

赤は情熱と混乱の色じゃないでしょうか?

長老達はたしか精神科医だったので赤が精神に及ぼす影響を知っていたと思います。ですからヴィレッジ内で事件が起きないように赤を禁止したんだと思います。

シックスセンスでも赤が効果的に使われていたのでシャマラン監督は「赤」に思い入れがあるのかもしれませんね。
Posted by すけきよ at 2006年12月21日 13:47
TBどうもです。
お返事が遅くなってどうも。

そうそうこれもダンナが借りてきたのを
横目で見てた程度だったんですが、
コワイとかいう印象はぜんぜんなくって、
むしろオトナの都合でもって
世間と隔離されたような世界で暮らす
2世代目、3世代目の家族に対して
ものすごく同情してしまったという
ヘンな感想文になってしまいました。
なんていうか、傷ついたひとらがよりそって
暮らすのはええことやけど、
それを身内にも強要すんのってどないやねんと。
・・・ホラーのエントリにはなりませんでした。(笑)
Posted by Ageha at 2006年12月26日 02:27
Agehaさん>深読みすればその大人の傲慢さがホラーなのかも知れませんよ(笑)

北○鮮みたいな世界ですよね(笑)

自分たちの生活を守るためには世間と隔離してしまうっていうのは結構ある話しですしね。

日本も鎖国してましたから(笑)
Posted by すけきよ at 2006年12月28日 13:08
すけきよさん 明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願い致します。
TBしたけど失敗したようなので、日を変えてトライしてみます。
この映画宣伝がホラーですが、絶対ラブストーリーだと思いました(少し悲しめの)
Posted by Lance at 2007年01月04日 00:19
Lanceさん>明けましておめでとうございます。こちらこそよろしくお願いします。

TB成功したみたいですよ(笑)
この作品はラブストーリーですよね。みんながアイヴィーを中心に回ってますから
Posted by すけきよ at 2007年01月04日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29830898

この記事へのトラックバック

映画『ヴィレッジ』
Excerpt: 原題:The Village 自然保護区の森の中にポツンと存在する村、外界と隔離され、"無垢"な純粋培養の世界、年長者達が作り出した村の奇怪でミステリアスな物語・・・。 ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-12-18 00:20

ヴィレッジ
Excerpt: <ネタバレあり> 結構良かったです。 もともとM・ナイト・シャラマンの映画って結構好きです。「サイン」でさえ許せましたから。 でも途中びっくりさせられるのは、ストーリーではなく、音響によ..
Weblog: cinema note+
Tracked: 2006-12-18 00:37

ヴィレッジ
Excerpt: 【1点】 ●…なんだこりゃ? M・ナイト・シャマラン監督の作品は『シックス・セ ンス』以降、見て来ているが…なんか、どんどんヒドくなってゆくような気がする。「結末は誰にも話すな」とか言ってた作..
Weblog: 犬神狂介の【狂人日記】・映画篇
Tracked: 2006-12-18 00:37

ヴィレッジ 今年の71本目
Excerpt: ヴィレッジ   ん〜、、ちょっと不思議な映画。   最初、時代は近世。ちょっと昔の設定みたいなんだケド、 それが、、、 森には、すっごく恐ろしい何かがいるみたいなんだケ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-12-18 01:10

ヴィレッジ
Excerpt: あらすじ 森に囲まれた平和な村で、9歳の少年が病死する。 それから間もなく小型の家畜が惨殺される事件が続いた。 幼い頃に父親が「町に行ったために殺された」と聞かされてきた 寡黙だが勇敢..
Weblog: filmをめぐって
Tracked: 2006-12-18 01:43

映画評「ヴィレッジ」
Excerpt: ☆☆☆(6点/10点満点中) 2004年アメリカ映画 監督M・ナイト・シャマラン ネタバレあり
Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
Tracked: 2006-12-18 04:18

<ヴィレッジ> 
Excerpt: 2004年 アメリカ 109分  監督 M・ナイト・シャマラン 脚本 M・ナイト・シャマラン 撮影 ロジャー・ディーキンス 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード 出演 アイヴィー・ウォーカ..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2006-12-18 09:35

ヴィレッジ
Excerpt: 舞台は1897年のペンシルヴァニア州。 深い森に囲まれるようにして存在する一つの村
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-12-18 10:17

ヴィレッジ 「THE VILLAGE」
Excerpt: ■ヴィレッジ 「THE VILLAGE」 2004年・米 ヴィレッジ ■監督 M・ナイト・シャマラン ■製作 M・ナイト・シャマラン、サム・マーサー、スコット・ルーディン ■脚本 M・ナイ..
Weblog: 小六のB級A画館
Tracked: 2006-12-18 13:34

この程度でも恐い「ヴィレッジ」
Excerpt:  基本的に幽霊が出てきたり呪いが飛び交ったりするものやサスペンス、スプラッタ系はダメな私。人の死体がわんさか出てくるならミステリーもダメだし、そういう意味では戦争映画も恐くて直視できません。  そん..
Weblog: にわうたぶろぐ
Tracked: 2006-12-18 20:52

ヴィレッジ (The Village)
Excerpt: 監督 M・ナイト・シャマラン 主演 ブライス・ダラス・ハワード 2004年 アメリカ映画 108分 ラブロマンス 採点★★★★ “実は主人公、けっこう前に死んでました”って映画以来、衝撃の結末を勝手..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-12-18 21:10

ヴィレッジ
Excerpt:  監督は「シックス・センス」のM.ナイト・シャマラン。 この監督の作品を観るときには、頭の中から「シックス・センス」はもはや消したほうが良いのかもしれません・・・。
Weblog: シェイクで乾杯!
Tracked: 2006-12-18 21:56

ヴィレッジ
Excerpt: 予告を見て物凄い期待してて、ぜひとも劇場に足を運ぼう!と思ってたんですよ。 でもネットサーフィン中偶然オチを知ってしまって、もうガッカリですよ。知ってしまったこともショックだったけど、オチ自体もハァ..
Weblog: ゴロゴロしあたー
Tracked: 2006-12-20 17:16

#679 ヴィレッジ
Excerpt: 製作:M.ナイト・シャマラン 、スコット ルーディン 、サム マーサ 監督:M.ナイト・シャマラン 脚本:M.ナイト・シャマラン 撮影:ロジャー・ディキンス 音楽:ジェームズ・ニュート..
Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
Tracked: 2006-12-21 01:14

映画鑑賞感想文『ヴィレッジ』
Excerpt: さるおです。 『THE VILLAGE/ヴィレッジ』を観たよ。 監督は『THE SIXTH SENSE/シックス・センス』『UNBREAKABLE/アンブレイカブル』『SIGNS/サイン』で絶好調のイ..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2006-12-22 02:15

ヴィレッジ
Excerpt: 久しぶりにミステリーサスペンスです。多少ホラー要素もあったかな。 アクションが続いたこともあって、想像力を働かせるサスペンス映画も改めていいもんですね。
Weblog: しーの映画たわごと
Tracked: 2006-12-22 09:53

ヴィレッジ
Excerpt: ヴィレッジ 監督:M.ナイト・シャマラン 出演:ホアキン・フェニックス&nbs...
Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
Tracked: 2006-12-24 01:14

ヴィレッジ
Excerpt: レンタルビデオ屋が半額だったので あまり評判がよくなかったこの作品を観てみようと思いました。 失敗しても後悔が少ない。(笑) 「シックス・センス 」のM・ナイト・シャマランが監督しています..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-12-24 15:00

なぜか怒りとネタバレ。~ヴィレッジ~
Excerpt: ほんと映画ネタになってきたな~、最近。 立て続けにみてるせいもあるんですがね。 で、今回はいきなり追記にします。スマソ。
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2006-12-26 02:29

■ヴィレッジ
Excerpt: 深い森に囲まれたその村では、人々が家族のような絆で結ばれながら、幸福な暮らしを営んでいる。地上の楽園のような村には、決して破ってはならない三つの掟があった。“森に入ってはならない”“不吉な赤い..
Weblog: ルーピーQの活動日記
Tracked: 2006-12-27 15:42

「ヴィレッジ」
Excerpt: 一瞬だけ、そう一瞬のワンシーンだけトキめいた!あとはもう・・興ざめしてつまらなくて。人間の皮肉な御伽話に・・20年の自給自足の豊かな暮らしの中に現実を探してしまってストーリーそのものを否定してしまう自..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2006-12-29 14:53

【ヴィレッジ】
Excerpt: ホアキン・フェニックス、ブライス・ハワード、 ウィリアム・ハート、シガニー・ウィーバー 出演のサスペンス。 公開日:9月11日 ☆ストーリー☆ 1897年、ペンシルヴァニア州。 そ..
Weblog: ココアのお部屋
Tracked: 2006-12-30 13:34

「ヴィレッジ」
Excerpt: タイトル: ヴィレッジ 10/17新宿オデヲン座にて 私の周辺でこの作品の評判はえらく悪い。 曰く「また同じハッタリをカマしてる」 曰く「シャマラン本人の登場はいかがなものか」 見..
Weblog: こだわりの館blog版
Tracked: 2007-01-03 17:15

ヴィレッジ
Excerpt:  2004年 米 監督 製作 脚本 出演: M・ナイト・シャマラン 出演 ブライス・ダラス・ハワード/ホアキン・フェニックス/エイドリアン・ブロディ/ウィリアム・ハート/シガーニー・ウィーヴァ..
Weblog: オタク部屋
Tracked: 2007-01-04 00:10

ヴィレッジ
Excerpt: 監督 M・ナイト・シャマラン 製作 サム・マーサー スコット・ルーディン M・ナイト・シャマラン 脚本 M・ナイト・シャマラン 撮影 ロジャー・デ..
Weblog: 第 参 番 街 銀 幕 横 丁
Tracked: 2007-02-19 20:20

ヴィレッジ
Excerpt: ■ WOWOWにて鑑賞 ヴィレッジ/THE VILLAGE 2004年/アメリカ/108分 監督: M・ナイト・シャマラン 出演: ブライス・ダラス・ハワード/ホアキン・フェニックス/エイドリ..
Weblog: Addicted to the Movie and Reading!
Tracked: 2007-04-29 04:52

ヴィレッジ 〜劇場&DVDにて〜
Excerpt:   ヴィレッジ・・・評価 3   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ ペンシルヴァニア州─その“ヴィレッ..
Weblog: 三日月のしっぽ。
Tracked: 2007-05-13 09:55

ヴィレッジ
Excerpt: 我々は『無垢な世界』を守り抜いてきたはずだ。 2004年(THE VILLAGE) 製作国:アメリカ 監督:M・ナイト・シャマラン 製作:サム・マーサー 脚本:M・ナイト・シャマラン 撮影:ロジャー..
Weblog: MOVIE-DIC
Tracked: 2007-06-03 15:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。