※お知らせ※

「ホラー映画って呪怨が怖いの?」はこのたびリニューアルいたしました。

その名も「ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング」です。

こちらのブログは更新停止となります。よろしくお願いします。

マスターズ・オブ・ホラー インプリント〜ぼっけぇきょうてぇ〜って怖いの?

ホラー映画洋画

ホラー映画初心者のすけきよです。マスターズ・オブ・ホラーでなぜか日本代表になった三池監督の「インプリント〜ぼっけぇきょうてぇ〜」観ました。

インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~
DMMでレンタルする

あらすじ:おそらく、日本の明治時代のとある地方。愛する小桃を探し求めて日本を放浪するアメリカ人文筆家クリス。ある時彼は、川の中の小さな浮島に建つ遊郭を訪ねる。彼はそこで、小桃を知る醜い素顔の女郎と出会う。やがてクリスは、女郎の語るあまりにもおぞましい小桃の最期と、女郎自身の身の毛もよだつ悲惨な生い立ちを聞かされることになるのだった…。




「好きなことやっていいよ」

この言葉が命取り。本当に好き勝手やった三池監督、結果放送禁止になりました。なんのために撮ったんだか・・・。

奇形・拷問・堕胎・近親相姦など古き日本の悪しき風習をすべて詰め込んだこの作品。結果ものすごいえげつないです。

小桃の拷問シーンは特にえげつないです。責める女郎は原作者でもある変態女流作家「岩井志麻子」。

眉の薄いお歯黒のあの笑顔。

あれが一番「ぼっけぇきょうてぇ」です(笑)

「顔はおよし。体の目立たない所を責めるんだ」

まるで金八先生の三原じゅん子みたいなセリフです(古すぎ?)

最初は線香。爪の間に針。とどめは歯茎に針。岩井志麻子は楽しんでやってますね。

夢に出そうなこの映画。日本だけど日本じゃないそんな雰囲気です。みんなサイケな衣装で女郎はみんな髪が赤い。小桃はワキ毛も赤い。ですが工藤夕貴だけ髪が青だったり黒だったり。

よくある日本人から見たら違和感のある日本って感じではありません。てかそんな次元は突き抜けてますから(笑)

幻想的でジメッとした陰湿な感じが漂う日本っぽい国って感じです。字幕が岡山弁で世界観を保とうとしていますが、日本語字幕がから観ることができるのかもしれません。

これが岡山弁で英語字幕だったら恐ろしくて観ることが出来ないかもしれません。日本語バージョンも出来たら見たいような気もしますね。

このクリス、どこかで見た顔だと思ったら「アンタッチャブル」の白いスーツの殺し屋役の人ですね。最後ビルの屋上から突き落とされる憎たらしい殺し屋でした。この作品ではかわいそうな文筆家です。最後は女郎を殺した罪で刑務所で地獄を味合うはめになります。

ところで最後はどうなったんでしょう?クリスが撃ったのは現実なのか?夢なのか?死んだ女郎は誰なのか?

三池監督らしく次元があちこち飛ぶので理解するのが結構大変です。話している後ろに霊が映ったり、首吊った小桃がこっそり動いたり話に関係のない部分で余計な演出があるので気が散りますし、その演出が話しに関係ないんですよね。

真実はなんなのか?クリスが体験したことは現実なのか悪夢なのか?そんなこと考えていると夢に出てくるこの映画。

昼間観て不快感に背筋を凍らしその夜悪夢にうなされる。一度観て二度楽しめる傑作だと思います(笑)

[PR]ゾンビ屋れい子安いDMM月額レンタルホラーDVD-BOX激安:TENGAが4本セットで3420円

ちゃんとしたホラーレビューが読みたい人は人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へで読めるよ(笑)
関連記事一覧
この記事へのコメント
いやー、これこれ。これは去年のベストに入った傑作でした。
原作者のトークショーで、呼ばれて無いのに三池さん、来ましたよ♪
ラッキーでした。
志摩子のトークショーもめちゃ楽しかったです★
Posted by とらねこ at 2007年08月30日 16:16
こんばんは!
いやぁ、、、これは痛いわ、、、
いくらあたしがMっ気があるといっても、
これは勘弁、、、
てか、トシオ君、じゃま、、、
あはははは、、、
Posted by 猫姫少佐現品限り at 2007年08月31日 00:12
とらねこさん>トークショー楽しそうですね。下ネタ全開って予想がつきますが(笑)

三池監督は全然毛色が違う作品を撮れるので面白い監督ですよね。
Posted by すけきよ at 2007年08月31日 10:32
猫姫さん>こんにちは。
猫姫さんはMっ気があるんですか?ボクはどっちかと言えばSですね。でもここまで責めたいとは思いませんが(笑)

トシオはついていきますよ!ドコマデモ(笑)
Posted by すけきよ at 2007年08月31日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

こわいじゃろ? 地獄へ堕ちるぞ
Excerpt: 113「インプリント ぼっけえ、きょうてえ」(アメリカ)  時は明治の頃か? アメリカ人の文筆家クリスは放浪の末女を買うために男が集まる川の中の小さな島を訪れる。クリスは一人の女・小桃を探していたの..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2007-08-30 00:14

マスターズ・オブ・ホラー/インプリント ~ぼっけえ、きょうてえ~ (Masters Of Horror:Imprint)
Excerpt: 監督 三池崇史 主演 工藤夕貴 2005年 アメリカ映画 63分 ホラー 採点★★★ そっかぁ。あそこは地獄に通じる穴だったのかぁ。通りで、深入りするとろくな目に遭わないわけだ。 【ストーリー】 ..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2007-08-30 00:43

インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜
Excerpt: マスターズ・オブ・ホラー 恐-1グランプリ 2005年:アメリカ 原作:岩井志麻子「ぼっけえ、きょうてえ」 監督:三池崇史 出演:ビリー・ドラゴ、工藤夕貴、美知枝、根岸季衣 おそら..
Weblog: mama
Tracked: 2007-08-30 07:53

ぼっけえ沈没
Excerpt: 「日本以外全部沈没」 「ぼっけぇ,きょうてぇ」 
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-08-30 11:27

35.インプリント/ぼっけえ、きょうてえ(トークショーつき)
Excerpt: ←三池崇史監督と、原作者/岩井志麻子の、サインも見てね♪ 先週、初日公開日の5/27の舞台挨拶に引き続き、6/3は原作者、岩井志麻子のトークショーつき。 私は、日本ホラー大賞、山本周五郎賞を..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-08-30 16:08

「マスターズ・オブ・ホラー」三池崇史
Excerpt: 「インプリント〜ぼっけぇ、きょうてえ〜」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ マスターズ・オブ・ホラーとは13人の監督によるTVホラーアンソロジー。 「オーディション」が評価され三池崇史が選ばれた。 三..
Weblog: NOHOHONブログ
Tracked: 2007-08-30 19:58

インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜 06年213本目
Excerpt: インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜 2005年   三池崇史 監督   岩井志麻子 原作工藤夕貴  ビリー・ドラゴ  美知枝  根岸季衣 マスターズ・オブ・ホラー..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-08-31 00:06

インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜(舞台挨拶付き)
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ネタバレ全開・・・きょうてえ話    
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2007-08-31 00:48

映画「マスターズ・オブ・ホラー/インプリント 〜ぼっけえ、きょ...
Excerpt: 「着信アリ」の三池崇史監督作品。アメリカのTV局“SHOWTIME”が企画したホラー・プロジェクト<マスター・オブ・ホラー>。トビー・フーパー、ダリオ・アルジェント、ジョン・カーペンターはじめホラー界..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2007-08-31 10:03

インプリント〜ぼっけぇきょうてぇ〜
Excerpt: 興味はすごくあったけど、田舎で上映なんて・・・ありえなさそう(笑)先週TUTAYAに行ったときはなかったんだけど、その後、もう一度出かけてみたら・・・あ、あるじゃないですか♪早速借りて鑑賞しました。一..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2007-09-23 23:26

『インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜』この映画を見て!
Excerpt: 第183回『インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜』  今回紹介する作品は日本一忙しい映画監督・三池崇史がアメリカ進出を果たした『インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜』です。 本作品は世界のホラー監..
Weblog: オン・ザ・ブリッジ
Tracked: 2007-10-28 20:44

マスターズ・オブ・ホラー 三池崇史
Excerpt: 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 63分 監督 三池崇史 製作 井上文雄、ジェニー・ルー・トゥジェンド、ローレン・ワイスマン 脚本 天願大介 音楽 コージ..
Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
Tracked: 2008-02-06 17:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。