※お知らせ※

「ホラー映画って呪怨が怖いの?」はこのたびリニューアルいたしました。

その名も「ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング」です。

こちらのブログは更新停止となります。よろしくお願いします。

バタリアンって怖いの?

ホラー映画洋画

ホラー映画初心者のすけきよです。いろんな意味で世間に影響を与えた傑作コメディホラー「バタリアン」観ました。


DMMでレンタルする

あらすじ:医療倉庫のバイトを始めたフレディは、上司のフランクから『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』と言うゾンビ映画は実話で、死体が本当に動き回った話を聞く。全く信じないフレディに対して、フランクは「じゃ〜本物を見せてやる」と地下倉庫に連れて行き、ゾンビが入ったケースを自慢げに見せたのだが…



懐かしいですねぇ。

ボクはこの作品を映画館で観ました。しかも前売り券を買って(笑)

前売り特典には「バタリアンの卵」なるものが付いてました。中身はカメレオンの舌っていうおもちゃだったんですが知ってる人いますかね?


たしかコマンドーと同時上映だったと思います。当時は中学生だったでしょうか。印象に残っているのは赤い髪の女性の乳と前張りでした(笑)

そんな懐かしい映画を今見直したら完全な「コメディ」でしたね(笑)

ロメロの「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」が実話だったっていうところから話は始まります。が、当時ボクは「ナイト〜」なんていう映画自体知りもしなかったので(今も名前しか知らないが…)なんのこっちゃわかりませんでした。

ですがそんなこと知らなくても面白いと思えるほどの出来です。

フランクとフレディの掛け合いもコントのようで面白い。絵に描いたようなドタバタコンビです。

そんな二人が軍の生物兵器のドラム缶(これが卵)から薬品を漏れさせるのだが、これもまたコントです。

「漏れない?」と聞くフレディに対し「大丈夫、軍技術者団体の作ったタンクだ」と自慢げにタンクを叩いたら亀裂が入って薬品が噴出!

さすがメイドインアメリカ、軍が作ったものでも大雑把です(笑)

そしてここからはパニック映画の王道、「自分でなんとかしようとしたら被害が広がる」っていうパターンです。

黄色のゾンビには大笑いです。「映画では頭を破壊してたぞ」なんて黄色いゾンビの頭をつるはしでガン!ってやっても全然死にません(笑)仕方がないからバラバラにしますがそれでも死にません(笑)

死霊のはらわたですらバラバラにしたら死んだのにバタリアンではびくともしません。このゾンビは史上最強ではないでしょうか?頭撃っても死にませんしバラバラにしても死にません。当然噛まれた人は感染します。

どうやったら勝てるのか?燃やすしか方法がないそうです。

何百人にもふくれあがったゾンビ達をどうやって燃やすのか?さすがアメリカ軍やることが派手です。

このエンディングを思い出しましたが、今観ても唖然とします(笑)

ゲームのバイオハザードがこのエンディングをパクッたのは明白です。それくらいインパクトのあるエンディングでした。

いかにもアメリカっぽくそしてアメリカを皮肉ったエンディング。このエンディングが傑作と言われる所以でしょうか。

あと忘れちゃいけないのがフランクの最後です。映画館で観た時は「燃えたらまた被害が広がるじゃんか」と思いましたが今観たら感動しました。ちょっと泣きそうになりました。これは名シーンだと思います。年とった証拠でしょうか(笑)

ところで「オバタリアン」っていう流行語があったのをご存知でしょうか?もちろんこの「バタリアン」からきているんです。それくらい影響力があった作品です。

[PR]ゾンビ屋れい子安いDMM月額レンタルホラーDVD-BOX激安:TENGAが4本セットで3420円

ちゃんとしたホラーレビューが読みたい人は人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へで読めるよ(笑)
関連記事一覧
この記事へのコメント
私も映画館でみました(笑)
なんでこんなの見に行ったんだか・・・(^o^;
フランクの最後のシーンは泣けますね、あれは名シーンだと思います。バタリアンシリーズには、このシーンといいバタリアンリターンズのせつなさといい、単なるパニックコメディではない良さがあって、実は好きなんですよね。

後味の悪いラストは、たまりませんね。アメリカらしいっちゃらしいし、大雑把加減もブラックユーモアなんでしょうけど、あれはやっぱり今でも「そらないわ」って感じです。
Posted by chibisaru at 2007年10月09日 12:56
あ、こっちからのトラックバックは入ったみたいなので、もしかするとそちらからもトラックバックできるかもしれません。

お手数ですが一度試してみて下さいますか?お願いいたします
Posted by ちびさる at 2007年10月09日 12:57
chibisaruさん>こんばんは。
あのフランクの最後はいいシーンでしたよね。あの切なさとあのエンディングがあってのバタリアンなんですね(笑)

今試したら送れました。また変わりなく送りますね(笑)
Posted by すけきよ at 2007年10月09日 19:04
すけきよさん こんばんは。
すごーい 劇場で観たんですね。
ゾンビシリーズでは出来なかったエンディングをバタリアンはやってのけました。
このあと続くシリーズ殆ど軍隊とかSWAT舞台が登場するようになりました。
オバタリアン・・・勿論知ってますよ。
流行ってた当事は、当然オバタリアンではありませんでしたけど、
今は・・・すっかり(笑)
Posted by Lance at 2007年10月10日 22:29
Lanceさん>ゾンビでみんなが思いついたであろう結末をなんのためらいもなくやってしまったことにびっくりします。

当時中学生だったボクも今じゃすっかりオジタリアン?違いますね(笑)
そういえば男バージョンってなんか違う言い方なかったでしたっけ?
Posted by すけきよ at 2007年10月13日 13:05
すけきよさん、こんにちは。
TBありがとうございます。
この映画。最高!
大好きな作品ですよ。
すけきよさん、映画館で観たんですか?
わたくしもです。
しかし、同時上映は、何だったろう?
コマンドーではなかったような気がするけれども、思い出せないっ!!
記憶力が低下しています〜汗
では、また〜
Posted by 小六 at 2007年10月19日 13:42
小六さん>こんばんは。
小六さんも映画館で観たんですか?同時上映は地方によって違うんでしょうか?

ボクはこの当時ホラーにあまり興味がなくスタローンやシュワちゃん、戦争物しか観なかったのでバタリアン目当てで見に行ったのではないのはたしかです。

ボクの記憶もあいまいなので核心はありませんが…。
Posted by すけきよ at 2007年10月21日 18:34
こんにちは。すけきよさん。
はじめまして。
トラックバックを、どうもありがとうございます。
やっぱり、「バタリアン」はいい映画ですよね。
そういえば「コマンドー」も、最近はカルトな名作になっているみたいです。
それから最近、あまりブログを更新してませんが、また遊びに来て下さい。
Posted by videoforce楽天 at 2007年12月17日 21:26
videoforce楽天さん>こんばんは。
バタリアンは密かに面白い映画ですよね。コマンドーもある意味スゴイ映画ですが(笑)

また遊びに行かさせていただきますね!
Posted by すけきよ at 2007年12月18日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バタリアン
Excerpt: 1984年:アメリカ 監督:ダン・オバノン 出演:クルー・ギャラガー、ジェームズ・カレン、ドン・カルファ、トム・マシューズ ゾンビ映画の元祖「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの..
Weblog: mama
Tracked: 2007-10-08 21:54

#121 バタリアン
Excerpt: 監督:ダン・オバノン 製作:トム・フォックス 製作総指揮:ジョン・デイリー,デレク・ギブソン 原案:ルディ・リッチ、ジョン・ルッソ 、ラッセル・スタイナー 脚色:ダン・オバノン 撮..
Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
Tracked: 2007-10-09 12:43

バタリアン
Excerpt:  1985年 米 監督・脚本 ダン・オバノン 出演 クルー・ギャラガー/ジェームズ・カレン/ドン・カルファ/トム・マシューズ/ビヴァリー・ランドルフ/ジョン・フィルビン/リネア・クイグリー/ ..
Weblog: オタク部屋
Tracked: 2007-10-10 22:30

バタリアン 「BATTALION / THE RETURN OF THE LIVING DEAD」
Excerpt: ■バタリアン 「BATTALION / THE RETURN OF THE LIVING DEAD」 1985年・米 バタリアン ■監督 ダン・オバノン ■製作総指揮 ジョン・ダリー、デレク..
Weblog: 小六のB級A画館
Tracked: 2007-10-19 13:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。