※お知らせ※

「ホラー映画って呪怨が怖いの?」はこのたびリニューアルいたしました。

その名も「ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング」です。

こちらのブログは更新停止となります。よろしくお願いします。

血みどろの入江って怖いの?

ホラー映画洋画

ホラー映画初心者のすけきよです。「13日の金曜日」に影響を与えたと言われている作品「血みどろの入江」観ました。

血みどろの入り江
DMMでレンタルする

あらすじ:海辺の屋敷に住む婦人が夫に殺され、その直後、夫も何者かに殺された。数日後、その屋敷に婦人の土地の開発を計画する建築家や相続人がやって来るが、いずれもどこか怪しげな人たちばかり。近所に住む昆虫研究家と女占い師の夫婦と、森に住む婦人の私生児も何かを隠している様子。そんな中、空き家だと思って屋敷にもぐり込んだ若者たちが惨殺され、それを皮切りに屋敷に絡む人物が一人、また一人と殺されてゆく…。




この作品はスゴイです!

なにがスゴイってハチャメチャなカット割とエンディングです。

いきなりバッと画面が暗くなって場面チェンジしたり、時間が進んだり。一瞬何が起きたかわからなくなりました。斬新といえば斬新なんですが、他に真似する人がいないところをみるとやっぱりおかしいんでしょうね(笑)

作品的にはサスペンスでしょうか、スラッシャーでしょうか。スプラッターではないですね。

始まっていきなり車椅子のご婦人が殺されます。犯人の顔が映し出された瞬間犯人がまた何者かに殺されます。そして入江に遊びにきた若者4人が死体を発見してしまい殺されます。このあと登場人物が出てきては片っ端から消えていきます。

でもこの作品の最大の特徴は連続殺人犯がいないってところです。登場人物は4組に分類されるんですが、その4組がそれぞれ入江の相続を狙って殺人を犯し、最後に誰が生き残るかっていう話です。

しかもそのエンディングにとてつもないどんでん返しが待ってます!最後に笑うのは画面に1度も登場しなかった人(笑)。こんなエンディング予想できるわけがありません。しかもエンディングに流れる音楽が明るくてエンディングの怖さを増幅させます。ネタバレになるので詳しく書きませんが、真相が知りたい人はぜひ借りてみてください。

[PR]ゾンビ屋れい子安いDMM月額レンタルホラーDVD-BOX激安:TENGAが4本セットで3420円

ちゃんとしたホラーレビューが読みたい人は人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へで読めるよ(笑)
関連記事一覧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76199254

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。