※お知らせ※

「ホラー映画って呪怨が怖いの?」はこのたびリニューアルいたしました。

その名も「ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング」です。

こちらのブログは更新停止となります。よろしくお願いします。

呪怨 パンデミックって怖いの?

ホラー映画洋画

ホラー映画初心者のすけきよです。ハリウッド版呪怨第2弾「呪怨 パンデミック」観ました。


DMMでレンタルする

あらすじ:究極の‘呪怨’シリーズ最新・最恐作ついに登場!!オリジナルストーリーで初めて明らかにされるおぞましき‘伽椰子’誕生の秘密!徹底的な恐怖描写で全世界を恐怖のドン底におとしいれた‘呪怨’のパンデミックは、もう止められない!!呪怨…それは死んだモノが生前に接していた場所に蓄積され「業」となる。その呪いに触れたモノは命を失い、新たな呪いが生まれる…。

みなさんありがとうございま〜す!!

なにがありがとうなのかと言えば、最近までチョロチョロしていたコイツ
俊雄

実はブログパーツ配布キャンペーンの一つで配布数上位10名には特典があるですが、なんとみなさまのおかげで10名に入ることができました。

そして得た特典がこちら
クレジット すけきよ
↑クリックで拡大↑

なんとクレジットに名前が載ってしまいました!!

ってことで甘めの評価でいきたいと思います。

と甘い目で見ましたがちょっとヒドイですね…。

オリジナルストーリーと言ってはいますが、実際は今までの呪怨の要素の使いまわしです。主人公はもちろん女子高生3人組やシカゴの話もビデオ版や劇場版の使いまわしが多いです。

オーブリーの最後はオキメグと同じ展開ですし、女子高生3人組は劇場版1のいずみのエピソードそのものです。カレンは市川由衣が死んだパターンの変形ですし、その他栗山千明のパターンもありました。唯一騙されたのはラブホでミユキが消える時でしょうか。伊東美咲のパターンだと思ったら最後は上原美佐の仏壇引き込みの変形でした。これにはやられたって感じでした。

ストーリーは呪怨のパターンを守って3つの話が入り組んで進行していきます。主人公オーブリーと女子高生3人組とシカゴの少年が絡んでいくんですが、シカゴの少年の隣人の正体がすぐ読めてしまったのであとはオーブリーと女子高生がどう繋がるかを観るだけになってしまいました。

主人公オーブリーの話が一応オリジナルと言えばオリジナルなんでしょうか。姉のカレンが自殺した後、佐伯家の秘密を探っているイーソンと出会ったオーブリーが伽椰子の母親を訪ねて伽椰子の過去を暴くんですがちょっと余計なエピソードだったような気がしますね。あれではただのモンスターに成り下がってしまいました。粘着質女の怨念が伽椰子の怖さだったのに悪霊食ってたなんてなんてチープなエピソードなんでしょうか…。でも最初はビデオ版に入れる予定があったそうなのでなんとも言えませんが。

全体的にアメリカ人受けするものに作り変えられていますが、アメリカ人をおちょくったような演出(牛乳娘やお漏らし)も観られてただアメリカ人の言いなりになっていないところがせめてもの救いでしょうか。

でもこの作品で一番怖いのは劇場公開版の吹き替えですね。笑いと恐怖は紙一重だって清水監督は言っていましたがあれは笑えないです。てか呪怨なめんなよ!

[PR]ゾンビ屋れい子安いDMM月額レンタルホラーDVD-BOX激安:TENGAが4本セットで3420円

ちゃんとしたホラーレビューが読みたい人は人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へで読めるよ(笑)
関連記事一覧
この記事へのコメント
こんばんは〜!
すけきよさん、おめでとうございます〜!
見事当選されたんですね!さすが☆
そうですよね!私が選考委員だったとしても、すけきよさんに一票入れちゃいます♪

で、で!?何が当たるんでしたっけ?
自分も応募しておきながら忘れてしまいました。
とにかく、映画はともかく、当たって良かったです、ウンウン・・・☆
Posted by とらねこ at 2008年04月10日 18:15
トラックバックありがとうございます。

呪怨シリーズでは、
第一作目が好きです。
たまらなく怖い!!
Posted by ManAU at 2008年04月11日 00:36
とらねこさん>こんばんは。
当ったのはクレジットに名前が載る権利ですよ。
そうですね「映画はともかく」当ってよかったです(笑)
Posted by すけきよ at 2008年04月11日 22:51
ManAUさん>こんばんは。コメントありがとうございました。
1作目は怖かったですね。本数が増えるごとに恐怖が薄らいでいくのが残念ですが。
Posted by すけきよ at 2008年04月11日 22:56
すけきよさん こんばんは。
スゴイっ クレジットに名前が出たんだぁ。カッコイイ〜
私もカヤコの過去はかなり,つまんなかったです。前作くらいまでならまだよかったんですけどね。
Posted by Lance at 2008年09月06日 23:21
Lanceさん>あの伽椰子の過去はヒドイですよね〜。でもハリウッドオリジナルじゃなくて清水監督発案だっていうんだから露骨にハリウッド版を否定できないんですよね。
Posted by すけきよ at 2008年09月11日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

もう彼女は止められない
Excerpt: 209「呪怨 パンデミック」(アメリカ)  東京。インターナショナル・スクールへ通うアリソンは、クラスメートのヴァネッサとミユキに連れられ、幽霊屋敷として有名な一軒家へと足を踏み入れる。  東京の..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2008-04-08 01:52

『呪怨 パンデミック (吹替え版)』
Excerpt: 『呪怨 パンデミック (吹替え版)』 ついに始まる、恐怖の爆発感染。 パンデミックとは、ある感染症が世界的に流行することを言う。 つう事で、今までの呪怨シリーズは不心得者が、家に執着する..
Weblog: 唐揚げ大好き!
Tracked: 2008-04-08 06:47

呪怨 パンデミック/アンバー・タンブリン
Excerpt: 久々に六本木のヴァージンシネマズに映画を観に行きました。ここに夏休みの日曜日に来た事ないから観光地状態にちょっと気後れ。でも遊歩道をオープンテラス風にして売ってたコロナビールにはちょっとそそられました..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2008-04-08 10:14

呪怨 パンデミック
Excerpt: 怨念は国境を越える・・・
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2008-04-08 10:22

呪怨 パンデミック(評価:×)
Excerpt: 【監督】清水崇 【出演】アンバー・タンブリン/アリエル・ケベル/ジェニファー・ビールス/エディソン・チャン/宇野実彩子/サラ・ローマー/サ...
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2008-04-08 14:37

映画「呪怨 パンデミック」を試写会にて鑑賞。
Excerpt:  31日、有楽町のよみうりホールにて「呪怨 パンデミック」を鑑賞した。 この日の試写会の客入りが非常に悪く1100席あるホールに400名ほどしか来場していない。 客層はホラー作品なのに、下は小学生低学..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2008-04-08 15:14

呪怨−パンデミック−
Excerpt: 原題 THE GRUDGE 2 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 102分 監督 清水崇 製作総指揮 ジョー・ドレイク 、ネイサン・カヘイン 、ダグ・デイヴィソン..
Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
Tracked: 2008-04-09 09:10

呪怨 パンデミックって怖いの?
Excerpt: ... カレンは市川由衣が死んだパターンの変形ですし、その他栗山千明のパターンも...
Weblog: 栗山千明の秘密
Tracked: 2008-04-09 18:42

#120.呪怨 パンデミック
Excerpt: ハリウッド版『呪怨』第二弾。今度は清水崇監督がメガホンを撮った。そしてサム・ライミ(と、一瀬隆重&ロブ・タバート)プロデュースの、ゴーストハウス・ピクチャーズ作品。何より、予告を見たらワクワクド..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2008-04-10 18:10

呪怨 パンデミック
Excerpt: 「パンデミック」とは、世界的な流行病に対する医学用語。ある感染症が世界的に流行する事を言う。感染爆発、あるいは汎発流行。 東京。インターナショナル・スクールに通うアリソン(アリエル・ケベル)は..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2008-04-10 22:21

呪怨 パンデミック (The Grudge 2)
Excerpt: 監督 清水崇 主演 アンバー・タンブリン 2006年 アメリカ映画 108分 ホラー 採点★★ 謎ってのは、下手に解明しない方が面白かったりするんですよねぇ。真実が、あれやこれやと頭の中で想像したり..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2008-04-12 08:14

呪怨 パンデミック
Excerpt: 8月29日(水) 20:10〜 新宿オデオン座 料金:1300円(レイトショー) パンフ:500円 『呪怨 パンデミック』公式サイト ビックリ箱映画。しかし、例によって登場シーンは、「出る..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2008-04-13 02:40

『呪怨 パンデミック』
Excerpt:  ※今回は出だしの部分からネタバレありです  世界征服・・・最近、あまりこの言葉を聞かなくなりましたね。昔は悪役というと世界征服を企む科学者とかそういった類の人が多かった気がしますが、最近の悪役..
Weblog: 映画大陸
Tracked: 2008-04-13 23:45

呪怨 パンデミック
Excerpt: 夏にふさわしい肝試し映画の真打は、サム・ライミの「ゴーストハウス・ピクチャーズ」第2弾! こえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2008-04-14 00:10

呪怨 パンデミック【日本語吹替版】
Excerpt: DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2007年8月18日 配給:ザナドゥー,エイベックス・エンタテイメント 監督:清水崇 出演:アンバー・タンブリン,アリエル・ケベル,ジェニファー・ビ..
Weblog: CINEMA DEPOT's BLOG
Tracked: 2008-04-14 00:13

呪怨 パンデミック
Excerpt: なるほどなぁw エピソードが絡み合って収束するっていうハリウッドのパンデミック(違) 呪怨 パンデミック ディレクターズカット・スペシャ...
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2008-05-01 15:47

呪怨 パンデミック
Excerpt: THE GRUDGE 2 2006年:アメリカ 監督:清水崇 製作:サム・ライミ、一瀬隆重 出演:アンバー・タンブリン、ジェニファー・ビールス、エディソン・チャン、サラ・ミシェル・ゲラー、..
Weblog: mama
Tracked: 2008-08-06 15:57

呪怨 パンデミック
Excerpt: 華がないレネー 【Story】 東京でインターナショナル・スクールに通うアリソン(アリエル・ケベル)は、友人らとともに幽霊屋敷を訪れる。...
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2008-08-07 16:13

呪怨 パンデミック
Excerpt: 呪怨 パンデミック ディレクターズカット・スペシャル・エディションついに伽椰子と俊雄は海外へ!霊に国境はないのだ。ハリウッド版呪怨の第2弾では、呪いの拡大と伽椰子の出生の秘密が描かれる。だが、理由もな..
Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評
Tracked: 2008-08-07 23:19

2007-40『呪怨 パンデミック』を鑑賞しました。
Excerpt: 映画を鑑賞しました。秊 40『呪怨 パンデミック』 評価:★★☆☆☆(吹き替えはお勧めしません) 手がけたのはこの手の映画で..
Weblog: はっしぃの映画三昧!
Tracked: 2008-08-08 09:54

呪怨パンデミック DC版
Excerpt: 今回は呪怨パンデミックって言う題通り、日本の呪いがアメリカに伝播したってストーリーでした。いきなり、ヤキモチ夫に油をぶっかけ、フライパンで頭を一発というジェニファービールス嬢の演技から始まり。これって..
Weblog: ROCK N HORROR
Tracked: 2008-08-09 15:51

呪怨 パンデミック 78点(100点満点中)
Excerpt: 伽倻子 vs バフィー 公式サイト 近代和製ホラー映画において中田秀夫と並ぶツートップたる清水崇監督による、『呪怨』シリーズのハリウッドリメイク第二弾。前作『THE JUON/呪..
Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
Tracked: 2008-08-09 20:21

呪怨 パンデミック
Excerpt: 今更ですが、Jホラー ハリウッドバージョン。監督頑張ってると思います。 2006年 米 監督 清水崇 製作 サム・ライミ 出演 アンバー・タンブリン/ アリエル・ケベル/ジェニファー・ビールス..
Weblog: オタク部屋
Tracked: 2008-09-06 23:18

呪怨 パンデミック
Excerpt: 呪怨 パンデミック ディレクターズカット・スペシャル・エディション ¥3,776 Amazon.co.jp (2006) 出演 サラ・ミシェル・ゲラー (カレン/..
Weblog: ベルの映画レビューの部屋
Tracked: 2009-02-03 09:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。