※お知らせ※

「ホラー映画って呪怨が怖いの?」はこのたびリニューアルいたしました。

その名も「ホラー映画勝手にランキングブログ|ホラキング」です。

こちらのブログは更新停止となります。よろしくお願いします。

発狂する唇って怖いの?

ホラー映画邦画

ホラー映画初心者のすけきよです。以前トホホさんに教えていただいた大杉漣の活躍作品「発狂する唇」観ました。


DMMでレンタルする

あらすじ:女子中学生連続首斬り殺人の容疑者・倉橋美智夫が逃亡した。警察と世間の目は、残された家族に向いている…美智夫の無実を信じる妹・里美は、間宮という霊能者に兄の捜索と事件の調査を依頼するが、倉橋家にやって来た間宮は、降霊の儀式と称し、助手の当麻に母と姉を犯させる。里美に接触してきたFBIは「間宮たちが何か恐ろしい陰謀を企んでいる」というのだが…?

いや〜、スゴイ作品ですね〜。物語の雰囲気がコロコロ変わる作品です。一応gooの分類によるとこの作品はホラーコメディのようです。てかコメディというより監督のやりたいこと全て詰め込んだごった煮作品だと思います。

ボクは本編の前に特典の予告を観たんですが、その予告には「この映画を観た者は1週間後発狂する」ってあったのでリングのようなホラーだと思ってました。脚本もリングの高橋洋ですしそういうホラーなんだっていう先入観で観たので裏切られた感が余計強くなってしまいました。

最初はサスペンスで始まりオカルトからエロになり、ミュージカルからサイキックミステリーとなり最後はカンフーアクションで終わるというとんでもない作品です。こんな作品ですから真剣に観ようとするとバカをみます(笑)

一応薄いストーリーはあるのですがそれに基づいてやりたいことやってるっていうだけで謎も伏線も全てすっ飛ばして終わるという「エヴァンゲリオン」みたいな結末が待ってます(笑)

キャストもB級っぽいかといえば意外とそうでもないです。

まず三輪ひとみ、吉行由実、諏訪太朗。ここはビデオ版呪怨の出演者達ですね。 松尾伴内夫人の栗林知美、仕事を断らない大杉漣。そしてなんと阿部寛。まさか阿部ちゃんが出てるなんて思いもしませんでした(笑)下積み時代の作品でしょうか?でも1999年ってトリックに出てたような気がするんですが。まぁ、阿部ちゃんも大杉漣と一緒で変な作品に結構出てますからね。

ところでエロシーンですが、(なにがところでかわかりませんが)女性出演者はほとんど乳出します。ですが肝心の三輪ひとみが出さない(笑)谷間やレイプシーンは見せてくれるのに乳は見せない。てかあの乳も吹き替えっぽい。

カメラは明らかにエロを狙ったカメラアングルで撮ってます。床掃除をしている三輪ひとみですが谷間が見えるアングルでカメラに近づいてくるというサービスっぷりです。谷間が気になって会話が耳に入らないくらいなのに乳は出さない。

あのレイプシーンでは乳を出すべきでしょう。そうしたらもっと淫靡な雰囲気になったのに。スカーレット・ヨハンソンは「アイランド」で最初下着をつける設定だったのを「下着を着けて寝る人なんていない」って言って自ら乳出して作品にリアリティを出しました。観客の求めているものに答えられない三輪ひとみ。その辺がイマイチ弾けなかった理由でしょうか。

で、この作品結局なにが言いたかったのでしょうか?霊媒師が三輪ひとみの力を覚醒させて利用しようとしたのはわかりますしそのおかげで世界が闇に覆われようとしていたのはわかりますが、殺人犯は三輪ひとみだったっていうところと近親相姦だった兄との関係もわかりませんでした。

なんで三輪ひとみは少女を殺したんでしょう?記憶を消されていたのは殺人の後の話で殺人を犯した動悸がわかりません。催眠術かなんかで操ったんでしょうか?そんなこと出来るなら最初から催眠術で力を覚醒させればいいだけの話ではないんでしょうか。

そして最後のカンフーアクションも結構ヒドイです。三輪ひとみがあんなに強いことにも違和感がありますが、動きが素人なのにあんなに強いことのほうが違和感たっぷりです。蹴りも突きもよけ方も素人丸出しです。なのに人が飛んでいくのには笑いました。そのわりにあっさりとしたあの最後。それで終わりって感じでした。

最初に真剣に観るとバカをみますって言っておきながら真剣に観てしまったボクはバカですね(笑)こういう訳のわからん作品になるほど真剣に解明しようとするボクはいったいなんなんでしょうか(笑)

[PR]ゾンビ屋れい子安いDMM月額レンタルホラーDVD-BOX激安:TENGAが4本セットで3420円

ちゃんとしたホラーレビューが読みたい人は人気blogランキングにほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へで読めるよ(笑)
関連記事一覧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97349019

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。